Pandora 2(パンドラ2)の評判は?初心者でも稼げるのか徹底検証!

皆さん、こんにちは。

 

副業サラリーマンのハックション大魔王です。

 

今回は、

 

「ほんの少しの時間と労力でライバルが稼いでいるキーワードと商品の一覧をのぞき見ることが出来てしまう」

 

と宣伝されている、

 

キーワードツールの決定版「Pandora 2(パンドラ2)」

 

のレビューをお伝えします。

Pandora 2(パンドラ2)の詳細はこちら

 

「さあ、これからアフィリエイトでガンガン稼ぐぞ!」

 

そんな意気込みでアフィリエイトを始めようとしている、あなたのような初心者の方々が最初に直面する疑問は、こんなことではないでしょうか?

 

  • アフィリエイトで何を宣伝すればいいのか?
  • どんなサイトを作れば、アクセスが集まるのか?
  • 記事のキーワードはどうやって選ぶのだろう?

 

アフィリエイト初心者がサイトを作って集客しようと考えたら、やはり最初は記事の書き方で悩んでしまうでしょう。

 

私もアフィリエイトを始めた時は、ブログをどうやって書き始めたら良いのかわかりませんでした。

 

当時の状況は、今のあなたと全く同じだったと思います。

 

そんなあなたは、記事を書くのに何かいいものはないだろうかと調べていく中で、キーワードツール「Pandora 2(パンドラ2)」という教材をすでに目にしたのかもしれません。

 

「Pandora 2(パンドラ2)」は、1日で1000万円以上売れたといわれるヒット商品、「Pandora (パンドラ)」の改訂版です。

 

ただ、この「Pandora 2(パンドラ2)」についての口コミや評判を見ると、「アフィリエイトには絶対必要なツール」と絶賛する意見と、「機能が複雑で使えない」などの否定的な意見があります。

 

そこで今回は、「Pandora 2(パンドラ2)」について

 

  • Pandora 2(パンドラ2)」で何ができるのか?
  • アフィリエイト初心者に必要なツールか?
  • このツールを使ったら本当に稼ぐことができるのか?

 

という点を中心に検証していきますので、「Pandora 2(パンドラ2)」の購入を考えている方や興味をお持ちの方は、ぜひお読みください。

 

では早速見ていきましょう。

 

(特定商取引法に基づく表記)

〇販売者     Catch the Web Asia Sdn Bhd.
〇運営責任者   横山 直広

〇住所      Suite 3A.07, Level 3A The Gardens South Tower,
Mid Valley City, Lingkaran Syed Putra, 59200 Kuala Lumpur

TEL      050-3577-7293

〇メールアドレス info@pandora-2.com

〇販売価格    29,800円(税込)

 

Pandora 2(パンドラ2)とは?

 

「Pandora 2(パンドラ2)」は、2010年に発売開始後、「あまりに強力すぎるため」1年足らずで販売が中止となった、禁断のキーワードツール「Pandora (パンドラ)」が大幅にバージョンアップした商品です。

 

Pandora 2(パンドラ2)」はアフィリエイターの次のような悩みを解決できます。

Pandora 2(パンドラ2)で解決できる悩み
・稼げるキーワードがわからない
・どの商品をアフィリエイトすれば儲かるか知りたい
・どのような広告を出したらいいかわからない
・リスティング広告の費用対効果を改善したい
・ライバルが稼いでいる情報を知りたい

Pandora 2(パンドラ2)」は、アフィリエイターなら誰もが持つ、このような悩みを解決してくれるというのです。

 

本当にそうならば、アフィリエイト初心者のあなたは、すぐにでも手に入れたいツールということになりますね。

 

では、アフィリエイト初心者の悩みが解決できるものなのか、見ていきましょう。

 

Pandora 2(パンドラ2)の内容

実際に、「Pandora 2(パンドラ2)」の中身を見ていきたいと思います。

 

この「Pandora 2(パンドラ2)」は結局のところ、どんなことができるツールなのでしょうか?

 

「Pandora 2(パンドラ2)」の機能は、何と20種類もあります。

 

Pandora 2(パンドラ2)の機能一覧
1、広告逆引き機能
ライバルのURLから広告情報を逆引き検索してカンニング調査できる

2、広告一覧検索機能
キーワードから広告出稿しているライバルの広告情報を一覧で調べられる

3、提携広告検索機能

広告文に「提携」が入っているPPCアフィリエイト広告を一気に調べられる

4、クリック先URL調査機能
普通では知ることが出来ない広告クリック先のURLを調べることができる

5、URL偽装広告検索機能
広告表示URLを偽装して出稿している広告を一目で調べられる

6、同一IPサイト検索機能
ライバルが同じサーバーに設置しているサイトを調べられる

7、継続出稿広告調査機能
過去の広告データと現在の広告出稿状況を比べて、継続して広告を出稿して稼ぎ続けている広告を調べられる

8、デバイス毎広告調査機能
パソコンとスマートフォンそれぞれの広告情報を調べることが出来る

9、スマホ対応状況調査機能
広告出稿しているサイトがスマートフォンに対応しているサイトかどうか調べられる

10、広告順位チェック機能
広告出稿しているキーワード毎の広告掲載順位を調べて時系列で比較出来る

11、SEO順位チェック機能
キーワード毎のSEOの順位を調べることが出来る

12、関連キーワード拡張機能
キーワードの関連キーワードから稼げるお宝キーワードを見つけることが出来る

13、トレンドキーワードリサーチ機能
トレンドキーワードからライバルのSEO情報&広告情報を調べることが出来る

14、Youtube動画数調査機能
キーワード毎のGoogleにヒットするサイト数とYoutubeの動画数を比べてライバルが少ないYoutubeキーワードがわかる

15、Youtube動画順位調査機能
キーワード毎のGoogleの検索結果で何位にYoutubeの動画が表示されるか調べられる

16、プレポジ数調査機能
キーワード毎の広告のプレミアムポジション数を調べることができる

17、キーワードデータ取込機能
Yahoo!キーワードアドバイスツールやGoogleキーワードプランナーのデータを取り込んで解析することができる

18、上位サイトSEO解析機能
特定キーワードにおいて、現在上位表示されているサイトのSEO情報を解析できる

19、お宝キーワード発見機能
キーワード毎のさまざまなデータから狙い目のお宝キーワードを発見できる

20、キーワードデータ抽出機能
特定のキーワード群や解析結果の全てをCSVでインポート・アウトポートできる

この機能の中でも、特に便利だと思われる5つの機能について説明します。

広告逆引き機能(上記1)

ライバルのURLから逆引きで、出稿キーワードと広告内容の一覧をカンニングすることができます。

 

この機能によって、ライバルの稼いでいる商品・キーワードが一瞬でわかるため、「稼げるキーワード」で悩むことがなくなります。

 

広告一覧検索機能(上記2)

 

出稿されている広告のキーワード、タイトル、順位などの情報が一目でわかります。

 

全てのキーワードに出稿されている広告を一覧化できるため、「稼げる商品探し」に悩むことはありません。

 

 

継続出稿広告調査機能(上記7)

過去の出稿広告データと現在の出稿広告データを比べて、継続して広告を出稿して稼ぎ続けている広告を調べることができます。

 

広告を出稿し続けているということは、稼ぎ続けていることを意味すると説明しています。

 

関連キーワード拡張機能(上記12)

あるキーワードから関連キーワードを拡張させて、稼げるお宝キーワードを見つけることができます。

 

この機能を使うことで、複合キーワードを無数に掘り出すことができますので、成約につながるお宝複合キーワードを大量に探し出すことが可能となります。

 

お宝キーワード発見機能(上記19)

 

拡張した大量のキーワードからデータを解析することにより、狙うべきお宝キーワードを発見することができます。

 

解析には、月間検索数・ライバル数の多さ・被リンク数などのデータを使います。

 

 

では、この記事の最初にもお伝えしたように、このPandora 2(パンドラ2)を使うと、具体的には何ができるのでしょうか?

 

機能の説明が続いて、頭がゴチャゴチャしてしまったあなたにも、わかりやすく説明しますね。

 

先ほどの5つの主要機能を使うと、アフィリエイトの作業において次のことができます。

Pandora 2(パンドラ2)でできること
・どのような商品が売れているのか
・どんなキーワードで書いた記事で稼いでいるか
・どのようなタイトルの広告を出しているか
・どんな広告文で集客しているか
・どのような広告サイトで成約出来ているのか
など、稼いでいるアフィリエイトサイトの情報を知ることが可能です。

 

つまり、「Pandora 2(パンドラ2)」はアフィリエイト初心者のあなたにとって、一番の悩みである、

 

「どんな商品をどんなキーワードを含んだ文章で集客して、サイトで成約させたら良いのか?」

 

という疑問を解決し、かつ作業の効率化もしてくれる便利なキーワードツールだと言えるでしょう。

 

Pandora 2(パンドラ2)」の内容の説明は以上です。

 

Pandora 2(パンドラ2)の口コミ

ここで、「Pandora 2(パンドラ2)」のネット上での口コミをみていきましょう。

 

この教材については、良い口コミの方が多くあがっているようです。

 

【良い口コミ】

ライバルサイトの情報を丸裸にする
これからアフィリエイトで稼ごうと考えている人には必須のツールです。ライバルがやっているサイトの情報を丸裸にしてしまう、とても危険なキーワードツールだと思います。
お宝キーワードが一発で見つかる
今まで夜遅くまで苦労して、キーワードを必死に探していたのがウソのように、一発でお宝キーワードが見つかります。そのキーワードを使った記事を書き、儲かっているサイトを真似して作れば、初心者でもすぐに稼ぐことができます。
稼げるキーワードが簡単に見つかる
もっと早く買えば良かったと後悔しています。何回も操作することなく、また簡単に稼げるキーワードを見つけることができます。ですから正直な気持ち、他のアフィリエイターには売ってほしくないツールですね。

 

【悪い口コミ】

使わない機能が多い
機能が多いのは良いのですが、アフィリエイト初心者からすると、使わない・わからないものがたくさんあります。そうだったら、機能をしぼって安くしてもらいたかったと思います。キーワードツールにしては、高額ではないでしょうか。
大量の検索に時間がかかる
一度に大量のキーワードを検索しようとすると、途中で制限が掛かって先に進まない場合が発生します。検索結果が出るまでに時間がかかってしまったり、完全な結果が出ない場合があります。
操作に慣れないと時間がかかる
キーワードを探すのに、自分で作業するのに比べたら時間短縮になると聞きましたが、操作に慣れない状態では余計に時間が掛かってしまいます。また、いろいろとやりたい機能を使っていると、知らぬ間に数時間が経っていました…。

 

Pandora 2(パンドラ2)」の主な口コミを取り上げてみました。

 

良い口コミでは「お宝キーワードを探し、初心者でもトップアフィリエイターのまねをして、すぐに稼ぐことができる」と絶賛する声が多かったです。

 

反対に悪い口コミでは、「操作が複雑で、機能も不要なものが多いため割高だ」という厳しい意見もありました。

 

今回に限らず、情報商材の口コミでは、「稼ぐことができた人」と「全く稼げない人」で正反対のコメントがあがってくるのが一般的です。

 

Pandora 2(パンドラ2)でアフィリエイト初心者は稼げるのか?

 

私の意見では、アフィリエイト初心者のあなたでも、「Pandora 2(パンドラ2)」はスタートしてから早い段階で稼ぐことはできると思います。

 

私がそう考えたのは、次の理由からです。

Pandora 2(パンドラ2)で早期に稼げると考えた理由

①稼ぎやすい商品とキーワードを効率よく探し出せる。

②ライバルの広告内容・サイト情報を把握できる。

③まねてスタートすることが可能である。

 

先ほどからもお伝えしてきたように、この「Pandora 2(パンドラ2)」というツールは、アフィリエイト初心者が最初につまずく悩みを解消してくれます。

 

あなたも、最初はアフィリエイトをする商品を選んだり、キーワードを探したりするのに相当な時間を取られるはずです。

 

今はまだやる気に満ちている時期ですから、地道な作業でも何とか我慢できるとは思いますが、それがずっと続くと精神的にも辛くなってくることでしょう。

 

商品とキーワードを確定させるところまではやってくれる点では、あなたの負担を軽くしてくれることでしょう。

 

また、お手本となるアフィリエイターのサイトを見ることができるので、どんなサイト構成で運営していったら良いかという点で迷うこともないでしょう。

 

つまり、アフィリエイト初心者がつまずく要素を取り除いてくれるツールですので、稼いでいそうなサイトをみつけて見よう見まねで始めれば、早い段階で報酬を得ることはできると考えます。

 

ただ、いきなり初めから大きく稼ぐことは、中々難しいとは思います。

(理由は後ほどお話いたします)

 

Pandora 2(パンドラ2)をおススメする人とは?

先ほど、「Pandora 2(パンドラ2)」を使えば、アフィリエイト初心者のあなたでも、早期に稼ぐことができるとお伝えしました。

 

では、この「Pandora 2(パンドラ2)」は、大きな効果は期待できないようなアフィリエイト教材だということでしょうか?

 

そんなことはありません。次のような方には、オススメできる教材です。

Pandora 2(パンドラ2)を購入するべき顧客層

①アフィリエイトサイトにアクセスをもっと集めたい

②客観的なデータに基づいてSEO対策をしたい

③キーワードを替えて広告を出したい

この教材を真っ先に手にしてほしいのは、今までデータなどに頼らずに自己流の集客方法でサイト運営をしてきた方です。

 

独自のやり方で集客できていたアフィリエイターの方でも、個人の発想力には限界というものがあります。

 

最近稼げている商品や集客できるキーワードが思いつかない、という場合こそ、このキーワードツールは役立つはずです。

 

「Pandora 2(パンドラ2)」をおススメするのは、すでにアフィリエイトを運営しているが、集客に伸び悩んでいる中級者以上の方です。

 

結論・Pandora 2(パンドラ2)を初心者は買うべきか?

ここまで、「Pandora 2(パンドラ2)」について様々な面から検証をしてきました。

 

今回も、アフィリエイト初心者がこの「Pandora 2(パンドラ2)」を買うべきか、という視点で結論を出してみたいと思います。

 

結論は、

 

アフィリエイト初心者が買うには、「Pandora 2(パンドラ2)」はベストの選択ではない

 

となります。

 

その理由は次の点です。

Pandora 2(パンドラ2)はベストの選択ではない理由
①機能が多すぎて、使いこなせない
②早期に稼ぐことは可能だが、大きく稼ぐのは難しい
③稼いでいるサイトをまねにも限界がある

では、それぞれについて説明していきましょう。

 

①機能が多すぎて、使いこなせない

 

これまでに「Pandora 2(パンドラ2)」の内容をお伝えしましたが、20もある機能のうち、アフィリエイト初心者が実際に必要なのは、主な機能として紹介した5つ程度です。

 

そのほかの機能は、「あったら便利で、参考になる」というのが正直な感想です。

 

つまり、アフィリエイト初心者がアフィリエイトを開始する時点では必ずしも必要ではない、ということです。

 

多機能なのはありがたいことですが、使わない機能が多いのであれば、機能をしぼった低価格のキーワードツールで十分だと考えます。

 

また、これだけ機能が多く、中には分析方法も複雑な箇所が含まれているにも関わらず、公式サポートが付いていない点が残念です。

 

②早期に稼ぐことは可能だが、すぐに大きく稼ぐのは難しい

 

公式サイトでも、稼いでいるサイトは長期間広告を出し続けている点を根拠として、手本とするべきサイトはすぐに見つかると説明されています。

 

「儲からないのに、広告費を払い続けるアフィリエイターなどいない」という論理です。

 

確かに、赤字を出してまで広告を出稿する人などいないでしょうから、「広告を出し続けている人は稼いでいる」と判断するのは理解できます。

 

しかし、

 

そのサイトが大きく稼いでいるか否かまでは、誰もわからないと考えます。

 

例え話で説明します。

 

「広告費を差し引いても、毎月5千円の儲けを出すサイト」を仮定します。

 

Aさんは、毎月5千円でも貴重な小遣いになると考え、広告を出し続けます。

Bさんは、もっと大きな金額を稼ぎたい人であり、広告を中止します。

 

全く同じ5千円という儲けを出しているサイトでも、二人の広告への対応は正反対となるのです。

 

つまり、サイトが稼いでいる金額の大小までは、広告を出稿している期間からは判断できないということになります。

 

稼いでいる金額は、当然公表されているわけがないので、誰にもわかりません。

 

また、このキーワードツールでは、広告は何かの理由で一旦休止すると、次回再開した時は新規扱いとなり、過去の実績は反映されなくなります。

 

稼いでいると思って手本にしたサイトが、実は少額の儲けしか出していなかったという可能性があるのです。

 

これでは「稼いでいるサイトを参考にするから、初心者のあなたでも稼げる」という前提は崩れてしまうのではないでしょうか?

 

③稼いでいるサイトをマネするにしても限界がある

 

公式サイトでも、アフィリエイト初心者の方は、最初に稼いでいるサイトをマネして記事を書き、サイトを構築していくようアドバイスしています。

 

しかし、アフィリエイトで取り扱う商品と記事タイトルに使うキーワードは分かったとしても、「読者のためになりGoogleからも評価されるようなサイト」を、アフィリエイト初心者のあなたがすぐに作り上げるのは、正直難しいと思います。

 

アフィリエイトの本質を理解した上で、トップアフィリエイターのサイトに接することで、読者の立場になり、役に立つ記事を書くことができるようになるのです。

 

ただ単に、稼いでいるサイトを見たからといって、アフィリエイト初心者が即、儲けにつながるような記事を書き上げることは不可能なことでしょう。

 

せっかく準備できたお宝キーワードを活かすためにも、ライティングスキルを最低限学ばないと、読者に響く記事は書けないと思います。

 

以上の点から、

 

「Pandora 2(パンドラ2)」はアフィリエイト初心者をフォローしてくれるツールですが、ベストの選択ではない

 

と思います。

 

Pandora 2(パンドラ2)のまとめ

 

ここまで、キーワードツール「Pandora 2(パンドラ2)」について見てきました。

 

最後に今回の内容をまとめてみます。

Pandora 2(パンドラ2)のまとめ

1,「Pandora 2(パンドラ2)」とは

①稼いでいるサイトの、アフィリエイト商品・キーワード選定、サイトの構成などの情報をのぞき見することが可能。

②アフィリエイト初心者でも早期に稼ぎ始めることを可能にするキーワードツールの代表的な商品。

2,「Pandora 2(パンドラ2)」の評価

①アフィリエイト初心者にベストの選択ではない

②早期に稼ぎ始めることは可能だが、最初から大きく稼ぐことは難しい

私がネット上で「Pandora 2(パンドラ2)」という商品を初めて見つけた時は、それは驚きました。

 

こんなに役に立つ他人様の情報がわかってしまっていいのだろうか。

 

この衝撃はアフィリエイター、特に初心者の方ならば大きいはずです。

 

しかし、公式サイトの説明を読み進めていくにしたがって、

 

「確かに便利そうだけど、難しくないか…」

 

と不安になっていったのも事実です。

 

実際、アフィリエイトを始めるにあたっての、準備段階のいろいろな作業負担を軽くしてくれるのは事実でしょう。

 

ただ、これまでもお伝えしてきた通り、正直な感想としては、

 

アフィリエイト初心者が「Pandora 2(パンドラ2)」というキーワードツールのみを使いこなして、毎月大きな収益をあげることは難しい

 

と思います。

 

アフィリエイトに限らず、ブログサイトを運営していくには、読者に響く・刺さる文章力というものが、どうしても必要になります。

 

キーワードではなく、しっかりと組み立てた文章で読者の心を動かさないと、商品を売ることはできません。

 

つまり、「Pandora 2(パンドラ2)」というキーワードツールは、ライティングスキルをある程度マスターした中級者以上のアフィリエイターが、さらに稼ぐために活用するのが最も効果的な商品だと考えます。

 

これで、キーワードツール「Pandora 2(パンドラ2)」の検証は終わりです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

副業サラリーマンのハックション大魔王でした。

 

Pandora 2(パンドラ2)の詳細はこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事