FXは副業?初心者のサラリーマンがFXを始めるメリット・デメリット

 

ハックション大魔王

こんにちは。

副業サラリーマンのハックション大魔王です。

 

この記事では、これからFXを始めようと考えている副業初心者の方向けに、FXが副業になるのかという根本的なところから、サラリーマンがFXを始める際のメリット・デメリットにいたるまでをご説明します。

 

まず最初に、副業初心者のサラリーマンのあなたにとって、FXが副業にあたるのか否かということは、とても重要なことですよね。

 

また、FXを検討する中で、メリット・デメリットはとても重要なポイントとなりますから、しっかりと理解しておく必要があると思います。

 

この記事を読み終えることで、あなたはFXの初歩的な知識に触れ、サラリーマンがFXを始めるメリット・デメリットを理解できるようになり、FXが自分に向いているかいないか、という判断ができるようになるはずです。

 

では早速、FXについて見ていきましょう。

そもそもFXは副業なのか?

 

サラリーマンのあなたがネットなどで副業を探していて一番気になるのは、FXが副業に該当するのか、ということだと思います。

 

先に結論を言うと、

 

原則、FXは副業になりません(例外=勤務先の規定で禁止されている場合)

 

その理由は、FXは株式運用と同じ「投資」に分類されるからです。

 

FXによる収入」は、「労働による対価」ではなく、「投資の成果」なのです。

 

特別な理由がない限り、FXは副業には見なされないのが一般的です。

 

副業初心者のサラリーマンがFXをするメリット

 

FXは副業にあてはまらないとわかって、少しホッとしましたか?

 

副業に該当しなければ、勤務先の目を気にすることはありませんね。

 

後は、あなたの本業以外の収入を増やすという目的のためにがんばるだけです。

 

副業初心者のあなたが、FXを始めるメリットはいくつかあります。

 

【副業初心者がFXをするメリット】

①24時間いつでもどこでも取引が可能
②少ない初期投資でスタートできる
③金融・経済情勢に詳しくなる

では、メリットについてひとつずつお話しましょう。

 

24時間いつでもどこでも取引が可能

 

FXが取引を行う対象は、世界中の国々の通貨、つまり外貨です。

 

外貨を取引する外国為替市場は、世界中で行われていて、時差の関係で一日の中ではどこかの国の市場は開いています。

 

サラリーマンが副業をする平日の夜間の時間帯でも、FXの取引はできるのです。

 

夜間に限らず、移動時間やちょっとしたスキマ時間でも取引は可能です。

 

また、取引自体はスマホやタブレットなどで、各社が提供する専用アプリを使って行う方法が主流ですので、取引をする場所を選びません。

 

つまり、FXはいつでもどこでも取引ができるので、時間の面ではサラリーマンの副業(に該当しませんが)には向いていると言えます。

 

②少ない初期投資でスタートできる

 

FXには、レバレッジ(てこの原理)という独特の仕組みがあります。

 

このレバレッジを使うことで、最初から少ない軍資金(証拠金)でも大きな金額を取引することができます。

 

通常は、特別な手続き不要で25倍までレバレッジをかけることができます。

 

例えば、あなたが証拠金を1万円保有していたら、25万円の資金を持っているのと同じ取引ができるのです。

 

もちろん、利益が出た場合、25万円を取引したのと同じ儲けを手にすることになります。

 

少額でも、大きな収益を狙うことができるのが、FXのメリットです。

 

副業初心者のサラリーマンが初期投資を抑えて、副業を始めることができるのは、ありがたいですよね。

 

③金融・経済情勢に詳しくなる

 

FXは、外国為替市場で頭脳合戦を繰り広げる投資です。

 

政治や経済のニュースが、為替相場の値動きに影響を与えることは非常に多いため、必然的的に、FXをやっていると世界情勢、経済・金融関連のニュースに詳しくなるのです。

 

また、FXは金融商品の一つですが、こうした世界に関係していくのですから、お金や資産運用の知識も高めることができます。

 

実は、あなたが一般的なサラリーマンであれば、本業をやっている中でも為替市場に影響するような事例に日々接しているはずです。

 

今まで、特に気に留めていなかったような貴重な情報にも、自然と敏感になっていくはずです。

副業初心者のサラリーマンがFXをするデメリット

 

当然のことですが、あくまで投資であるFXですからデメリットもあります。

 

副業初心者のあなたがFXをするデメリットは次の通りです。

 

【副業初心者がFXをするデメリット】

①資産・元本を失うリスクがある

②日常生活が為替変動に影響される可能性がある

 

ではデメリットについて、それぞれ説明します。

 

①資産・元本を失うリスクがある

 

FXに限らず、投資には必ずリスクがあります。

 

特にFXで注意しなければならないのは、資産が増えるだけでなく減る可能性がある、という点です。

 

相場の変動によって持っている通貨の価値が下がって元本部分が減るだけではなく、証拠金まで全て失う可能性があるのです。

 

一般的に、FXは通貨を持ちつづけることが難しい、と言われます。

 

それは、最初に決められた割合以上に元本の損失が発生した場合には、強制的に取引を終了させるという「強制ロスカット」の仕組みが義務づけられているためです。

 

強制的に取引が終了するので、元本以上の損失はなくとも、証拠金がなくなってしまうことがあります。

 

また相場の変動が激しいとき、場合によって預けた証拠金以上の損失が出てしまうこともあります。

 

レバレッジを効かせることで、大きな利益を狙うことができますが、同時に大きな損失を出してしまうリスクも抱えているという点に、十分注意しましょう。

 

②日常生活が為替変動に影響される可能性がある

 

FXは、いつでもどこでも取引できるという便利な特徴がある反面、一歩間違えれば日常生活の中で為替相場ばかりを気にしてしまう可能性があります。

 

短時間で取引が完了するFXという投資手法に慣れてくると、特にその傾向は強まると思います。

 

信じがたいことですが、最悪の場合、本業の勤務時間中でも相場が気になってしまい、仕事が手につかないということが起こり得ます。

 

本業ではない、投資のはずのFXにより、日常生活に支障が出てしまっては本末転倒ですよね。

 

マイナスを取り返そうと焦り、損失がかえって膨らむという悪循環は、まるでギャンブルに近い感覚かもしれません。

 

為替相場に敏感になるのはサラリーマンとしては良いことですが、本業に支障が出るまでのめり込むのは、とても危険です。

 

まとめ

 

ここまで、FXが副業になるのかという根本的なところから、サラリーマンがFXを始める際のメリット・デメリットにいたるまでを説明してきました。

 

今回の内容をまとめてみましょう。

 

まとめ

1,FXは副業になるのか?

原則、FXは副業に該当しない(あくまで投資の一種)

2,副業初心者のサラリーマンがFXをするメリット

①24時間いつでもどこでも取引が可能
②少ない初期投資でスタートできる
③金融・経済情勢に詳しくなる

3,副業初心者のサラリーマンがFXをするデメリット

①資産・元本を失うリスクがある
②日常生活が為替変動に影響される可能性がある

 

今回は、FXの初歩的な部分についてお話しました。

 

副業には該当しないFXは、投資に分類されることがわかりましたね。

 

ただ、投資ということは、大きな利益を追求できる反面、資産・元本が減る、または全て失うリスクもあるということになります。

 

ここで、あなたが副業を始めようとした時のことを思い出していただきたいと思います。

 

あなたは、何のために副業をやろうと思いましたか?

 

何千万円もする高級スポーツカーを買って、遊びまくるためでしたか?

 

違いますよね。

 

今後、給料が毎年上昇することなど期待できない中、少しでも毎月の収入を増やすことが目標になっていたはずです。

 

そのためには、副業はハイリスクではまずいのです。

 

儲からないどころか、資産が減少するなど、許されないのです。

 

つまり、

 

副業初心者のサラリーマンは、副業の代わりとしてFXを選ぶべきではない

 

ということです。

 

これが、副業初心者のサラリーマンのあなたにお伝えすべき結論です。

 

今回のFXの記事は、これで終わりです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

副業サラリーマンのハックション大魔王でした。

 

今回の記事では、残念ながら、FXは副業初心者のあなたにはベストではない方法だとお伝えしました。

 

FXだけではなく、副業には実に数多くの種類があります。

 

実は、今回取り上げたFXよりも堅実に成果をあげることができる方法がございます。

 

私がおススメするその方法にご興味がある方は、こちらをご覧ください。

 

⇒私がおススメする方法はこちら

 

 

今回の記事に関わらず、私にお聞きしたいことや疑問に感じたことなどがございましたら、何なりとこちらのフォームからお願いいたします。

 

⇒無料相談のお問い合わせはこちらへ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事