情報商材アフィリエイトが副業初心者に人気がない3つの理由

皆さん、こんにちは。

 

副業サラリーマンのハックション大魔王です。

 

前回は、「情報商材アフィリエイトとは何か?」という点についてお話させていただきました。

 

 

情報商材アフィリエイトという言葉になじみのなかった方も、実はそんなに難しいことではないとご理解いただけたのではないでしょうか?

 

ところで、副業初心者のあなたはアフィリエイトを始めようと考えた時、どんな商品を紹介しようと思いましたか?

 

初心者の方であれば、誰もが知っているようなものや、自分の好きなもの、興味があるものをアフィリエイトしようと考えたのではないでしょうか?

 

副業初心者で、今回取り上げている情報商材アフィリエイトをいきなりやろうと思うツワモノは、ほとんどいらっしゃらないと思います。

 

では、なぜそんなに情報商材アフィリエイトは副業初心者に人気がないのでしょうか?

 

今回は、情報商材アフィリエイトが副業初心者に人気がない理由について、探ってみたいと思います。

 

では、早速始めましょう。

情報商材に「悪い」「怪しい」イメージがある

以前から「情報商材」という言葉を聞くと、一般の人々はあまり良い印象を持たない傾向があります。

 

そもそも、一般の人々は日常生活を送る中で、「情報商材」というものを目にすることがほとんどないのではないでしょうか?

 

あなたのような、サラリーマンや社会人の方々が「情報商材」という言葉を耳にするのも、恐らく「副業」「金儲け」「財テク」など、ネットでお金絡みのキーワードを検索した時くらいだと思います。

 

それだけ、「情報商材」は世の中で知られていないのです。

 

アフィリエイターですら、大手ASP(アフィリエイト運営会社)のサイト内で情報商材など見かけないのですから。

 

認知度が低いところにお金が絡んでくるので、「だまされた」「詐欺だ」など情報商材の一部分だけを取り上げた、負の情報がネット上で広まるのです。

 

マイナスイメージのある情報商材という商品をアフィリエイトして、わざわざトラブルに巻き込まれたくないと思うのは、副業初心者ならば仕方ないかもしれません。

 

確かに、以前はアフィリエイト運営会社の審査も万全ではなく、詐欺まがいのうたい文句で売っていた情報商材がありました。

 

現在では、アフィリエイト運営会社の審査が厳格化したこともあり、インチキ商材は激減しましたが、それでもグレーな商材はゼロにはなっていません。

 

アフィリエイト初心者には難しいという先入観がある

副業初心者のあなたは、同じアフィリエイトをやるならば、なるべく簡単な作業で、しかも時間をかけることなくお金を稼ぎたいはずです。

 

これはあなたに限らず、お金を必要としている人間の正直な気持ちだと思います。

 

そういう基準で考えると、メルマガを使わないと売れないだとか、商品知識をまず学ぶ必要性があるといわれる情報商材アフィリエイトは、どうしても敬遠されてしまいます。

 

メルマガを使ってセールスすれば売上がアップする、と言われても楽な方を選んでしまうというものです。

 

結果的に、副業初心者には情報商材アフィリエイトは難しい、と判断されることになります。

 

報酬を早く手にしたいという初心者のあなたは、最初からあえて険しい道を選ぶはずもなく、始めやすく簡単そうなイメージの、通常のアフィリエイトからスタートする方法を選ぶことになります。

 

ブログでレビュー記事が書きにくいと思われている

私は今回、ネットなどで情報商材アフィリエイトに関するいろいろな意見を拾っていきました。

 

そこでわかったことは、

 

情報商材はフィリエイトは商品を紹介するレビュー記事が書きにくい

 

と思われているということでした。

 

これはどういうことかと言いますと、次のような要因が考えられます。

 

情報商材のレビュー記事が書きにくいとされる理由
①記事を書くために買う情報商材が高額である
②情報商材に多い、投資・ビジネス等の専門知識が無い
③実績がないため信用されない

ではひとつずつ、簡単に見ていきましょう。

 

①記事を書くために買う情報商材が高額である

 

通常、ある商品をアフィリエイトしようと考えたら、実際にその対象商品を購入し、メリットデメリットなど、感想を書いていきますよね。

 

しかし、ひとつ1万円以上もするような情報商材を毎回買っていたのでは、お金が出ていく一方です。

 

まだ稼ぐことができるかもわからない高額商品を、いくらレビュー記事を書くためとはいえ、ポンと簡単には買えないものです。

 

②情報商材に多い、投資・ビジネス等の専門知識が無い

 

また、情報商材では売れ筋分野の投資・ビジネス関連の商品を取扱おうとしても、ほとんどのアフィリエイターは金融の専門家ではないので、元々の基礎知識を身に付けてはいません。

 

それでは、顧客に対して説得力のある文章を書いて、商品の優位性をアピールすることができない、と考えてしまうわけです。

 

そもそも、自分の知らない商品を他の人に勧めることは、相当ハードルが高いと思います。

 

まして、その商品が専門知識やノウハウ物が主体の情報商材では、なおさら厳しい、ということなのでしょう。

 

③実績がないため信用されない

先ほどもありましたが、情報商材ではいわゆる「稼ぐ系」の商品がとても多いです。

 

アフィリエイター自身が稼いでいる姿を示さないと、そのような「稼ぐ系」の情報商材を売ることはできないと考える人は多いようです。

 

確かに「私はこんなに儲かっています」と、お札の束や預金通帳を見せてアピールして、見込客をあおるのもよくある売り方です。

 

自分が稼いでいないのに「稼ぐ系」の情報商材を勧めるのは、やはり冗談レベルの話にしかならない、ということでしょうか。

 

 

アフィリエイトで最も大切なセールスする記事(レビュー記事)が書きにくいと思ってしまったら、情報商材は避けておこうという考えになりますね。

 

まとめ

 

ここまで、情報商材アフィリエイトが副業初心者に人気がない理由について、お話しました。

 

では、今回の内容をまとめてみます。

 

まとめ
情報商材アフィリエイトが人気がない理由
1,情報商材は「悪い」「怪しい」イメージがある
2,アフィリエイト初心者には難しいという先入観がある
3,ブログでレビュー記事が書きにくいと思われている

この記事では、情報商材アフィリエイトが副業初心者に人気がない理由を探ってみました。

 

副業初心者のあなたからすると、納得する部分もあったのではないでしょうか?

 

私はいろいろと調べていく中で、情報商材アフィリエイトというより、情報商材自体に対する誤った考え方も数多く見受けられたような気がしました。

 

その点に関しては、次の記事で改めてご説明したいと思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

副業サラリーマンのハックション大魔王でした。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事