サラリーマンは副業でクラウドソーシングやっても稼げないって本当?

皆さん、こんにちは。

副業サラリーマンのハックション大魔王です。

 

前回の記事では、サラリーマンにおススメの副業のひとつとして、「クラウドソーシング」を挙げさせていただきました。

 

そこで今回は、クラウドソーシングについてあなたが特に気になっていると思われる、

 

  • クラウドソーシングにはどんな仕事があるの?
  • クラウドソーシングをサラリーマンにおススメする理由は?

 

などの疑問についてお答えしていきたいと思います。

 

では、早速、クラウドソーシングについて見ていきましょう。

クラウドソーシングとは

今、この記事をお読みいただいているような、サラリーマンのあなたであれば既にご存知でしょうが、ここでもう一度「クラウドソーシング」について復習しておきたいと思います。

 

最近は給料は上がらず、残業や手当もカットされるなど、サラリーマンにとっては、本当に厳しい世の中になっています。

 

そんな状況が続けば、あなたのようなサラリーマンの間で副業が人気になるのは、ごく自然のことだと思います。

 

この副業ブームの中で、「クラウドソーシング」という言葉をよく見聞きするようになりました。

 

クラウドソーシングとは、「企業が発注した様々な仕事を、ネット上で請け負う個人とマッチングさせるシステム」のことを言います。

 

在宅勤務の普及という追い風もあって、企業がクラウドソーシングで発注する仕事数も、それを請け負う個人のサイト登録数も急増しています。

 

そのクラウドソーシングの具体的な仕事ですが、実にたくさんの種類があります。

 

例えば、次のようなものです。

クラウドソーシングの仕事の例
・ライティング、記事作成
・ネーミング、アイディア作成
・翻訳・通訳サービス
・システム開発、アプリ作成
・ホームページ作成、Webデザイン
・ECサイト・ネットショップの構築
・サイト運営、ビジネスサポート
・プログラミング
・音楽・音響制作

企業からの発注数が増加するとともに、クラウドソーシングの仕事の種類は、ますます増えてきています。

 

クラウドソーシングは、これからも成長するしくみ・働き方であり、サラリーマンにとっては欠かせない副業の選択肢だと言えるでしょう。

 

なぜサラリーマンの副業にクラウドソーシングがおススメなのか?

 

クラウドソーシングは、これからますます成長が期待されるシステムだと考えられます。

 

では、なぜクラウドソーシングは多くのサラリーマンから副業として選ばれているのでしょうか?

 

また、どうしてサラリーマンの副業にクラウドソーシングが適しているのでしょうか?

 

その理由について、これからお話したいと思います。

 

私が、クラウドソーシングがサラリーマンの副業に最適だと考える理由は、次の通りです。

 

クラウドソーシングをサラリーマンにおススメする理由
①自分で働く条件を決めることができる
②職種と技能レベルに応じた仕事が豊富にある
③仕事をこなすたびにスキルが身につく
④将来の独立・起業の準備ができる
⑤給料ではなく報酬を受け取るため、副業が会社にバレにくい

では、それぞれの理由について、お話していきたいと思います。

自分で働く条件を決めることができる

あなた自身が、副業をする時間・報酬・場所などを選択することができるのは、副業を続けていく上で大きなメリットです。

 

しかも、在宅で完結する仕事ですから、副業先に通う時間も労力も省略することができ、副業に充てる時間がより多く確保できます。

 

また、初期費用(せいぜいパソコン代)を少額に抑えて副業をスタートできることも、大きな利点だと言えます。

 

副業として自分のペースで始めやすく、続けやすいことはクラウドソーシングの特徴であり、サラリーマンに支持される理由だと思います。

 

職種と技能レベルに応じた仕事が豊富にある

あなたは、クラウドソーシングサイトを通じて、仕事の種類は幅広く、難易度も初心者からプロ級まで自分に合った仕事を探すことができます。

 

当然のことながら、初心者でも誰でもできるような単純作業の単価は低くなります。

 

いきなり高額な仕事を受注しようとしても、実績がない時点では難しいでしょう。

 

最初は簡単な仕事をこなして受注実績と評価を積み重ね、徐々に単価の高い仕事に挑戦していくのが良いでしょう。

 

仕事をこなすたびにスキルが身につく

単純作業ではない、自身の専門知識を活かした仕事をしっかりとやり遂げていけば、間違いなくあなたのスキルアップにつながります。

 

スキルが上がることで、クラウドソーシングの受注もしやすくなり、報酬単価が増額となるだけでなく、本業へも好影響を与えることにもなるでしょう。

 

将来の独立・起業の準備ができる

会社という、あらかじめ用意された組織の中で、毎日同じような仕事をする。

 

仕事上で大きな成果を挙げた社員も、一日中ぼーっとしていた人でも多少の差はあるのでしょうが、給料が毎月必ずもらえる。

 

あなたはサラリーマンという身分に慣れてしまうと、自分で仕事を探し、受注し、報酬を得るというクラウドソーシングの仕組みに違和感を覚えるかもしれません。

 

いわゆる「サラリーマン気質」は、一旦染みついてしまうとなかなか抜けないものです。

 

今回、あなたは副業としてクラウドソーシングを検討しています。

 

しかし、この副業のクラウドソーシングが今後、好調で本業の収入を上回ることも十分に考えられます。

 

つまり、あなたが将来、独立したり起業したりした時、このクラウドソーシングで個人事業主のごとく働いてた経験が活きるのです。

 

「そんな夢のようなこと、ありえない」

 

と思うかもしれませんが、ネットで検索すると、サラリーマンを卒業した「先輩」を数多く発見することができたはずです。

 

セミリタイアも決して夢物語ではありません。

 

将来のための準備だと思えば、このクラウドソーシングに取り組む姿勢も、一段と真剣になっていくのではないでしょうか。

 

給料ではなく報酬を受け取るため、副業が会社にバレにくい

先ほどからお伝えしているように、副業でクラウドソーシングを行うと、給料ではなく「報酬」という形で収入を稼ぐことになるため、会社に副業をしていることがバレにくくなります。

 

これについては、別記事でお話していますので、そちらをお読みください。

 

クラウドソーシングで稼ぐコツとは?

ここまで、クラウドソーシングの内容について見てきました。

 

では、あなたが実際にこのクラウドソーシングでこれから稼いでいくには、どのようにしていったら良いのでしょうか?

 

あなたがクラウドソーシングで安定して収益をあげるためにすることは、次の3つです。

クラウドソーシングで稼ぐコツ
①プロフィール欄に力を入れる
②クラウドソーシングでの実績を積む
③登録するクラウドソーシングのサイトは徐々に増やす

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

プロフィール欄に力を入れる

クラウドソーシングのサイトに登録し、まず最初に取り掛かっていただきたいのが「プロフィール欄」の記入です。

 

仕事を探したり、受注することばかりに気が行ってしまい、このプロフィール欄を軽く考える初心者の方が多いので、特に注意してください。

 

はっきり言って、クラウドソーシングで受注できるか否かは、「実績」と「プロフィール欄の充実度」次第です。

 

あなたが、クラウドソーシングで発注する立場になって考えると、その理由がわかると思います。

 

結局のところ、発注者はあなたが「ちゃんとお願いした仕事をやり遂げてくれるのか」という視点から、

 

  • 今までの実績、評価
  • どんなイメージの仕事をする人か
  • 依頼した仕事ができるスキルがあるのか

 

ということをチャックしていくわけです。

 

その判断をする際に実際に面談するわけもなく、ネット上でのやり取りしかできないので、公表されている情報を探っていくのです。

 

ですから、単なる個人情報ではなく、今までの作品・スキルを見てもらえるのがベストでしょう。

 

WebデザインならばHPやサイト、ライティングならばブログというように、

 

「実際、何ができるのか」

 

という点をアピールするべきです。

 

また、その業務の経験年数、関連する保有資格なども漏れなく掲載しましょう。

 

あなた自身が発注者目線で、「この人にならお願いしても大丈夫だな」と思えるレベルまでプロフィール欄は充実させましょう。

 

クラウドソーシングでの実績を積む

これから副業としてクラウドソーシングを始め始めようとする場合、残念ながらあなたはこの世界では何の実績もない「素人」の状態です。

 

そんな初心者のあなたが、いきなり初めから人気企業の高単価の仕事に応募しても、見向きもされません。

 

クラウドソーシングでは、「実績」と「評価」が全てなのです。

 

最初は仕事の単価を気にせずに、数多くの仕事量を請け負い、しっかりと完結させて「実績」を積み、顧客からの「評価」をあげることが大切です。

 

どんなに高度のスキルを持ち合わせていても、実績のないサラリーマンに発注してくれるお客様はいないのが現実だと理解しましょう。

 

登録するクラウドソーシングのサイトは徐々に増やす

クラウドソーシングのサイトに登録する数については、稼いでいる成功者の中でも意見が分かれます。

 

もちろんのことですが、あなたが副業で安定した収益を稼ぎ続けるためには、クラウドソーシングのサイトを経由して請け負う仕事を途切れないようにする必要があります。

 

仕事に応募しても、すべて受注できるわけではありませんから、窓口を広げるという意味では、数多くのクラウドソーシングのサイトに登録した方が良い、という考えがあります。

 

私がおススメするのは、

 

最初は大手クラウドソーシングサイトの1,2社で実績を積み重ねて受注しやすくした後、特化型サイトにも進出する

 

という流れです。

 

先ほどもお伝えしたように、クラウドソーシングが初心者のあなたは、実績を積むことが何より優先すべきことです。

 

まだ最初の段階で、クラウドソーシングの登録サイトを分散させてしまうと、各サイトでの実績も散らばってしまい、なかなか積み上がりません。

 

それでは、いつまで経っても高単価の仕事を受注できないのです。

 

ですから、最初はクラウドソーシングの登録サイトは大手の総合型1,2社にして、実績を積んだ後に、自分の得意分野が充実した特化型サイトにも登録していくのが良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、クラウドソーシングの仕事の内容や、クラウドソーシングをサラリーマンにおススメする理由などについてお話しました。

 

最後に、クラウドソーシングについてまとめてみましょう。

 

まとめ
1,クラウドソーシングとは
企業が発注した仕事を、ネット上で請け負う個人とマッチングさせるシステムのこと
2,サラリーマンの副業にクラウドソーシングをオススメする理由
①自分で働く条件を決めることができる
②職種と技能レベルに応じた仕事が豊富にある
③仕事をこなすたびにスキルが身につく
④将来の独立・起業の準備ができる
⑤給料ではなく報酬を受け取るため、副業が会社にバレにくい
3,クラウドソーシングで稼ぐコツ
①プロフィール欄に力を入れる
②クラウドソーシングでの実績を積む
③登録するクラウドソーシングのサイトは徐々に増やす

クラウドソーシングは、サラリーマンでこれから副業を始めようとしているあなたにピッタリの仕組みだとおわかりいただけたでしょうか?

 

迷っているのならば、まずはクラウドソーシングのサイトに登録しておきましょう。

 

クラウドソーシングの登録サイトについては、また別の記事で詳しくお伝えします。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

副業サラリーマンのハックション大魔王でした。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事